会員のコラム員によるざっくばらんなエッセーです。
月に一度の掲載です。どうぞご一読ください!
「集団精神療法」というと少し硬い響きですが、他人の中の自分を感じ・考えることができる、面白い方法です。
すでにいろんな場面・いろんな用途で「グループ」は使われています。

リレーコラム47|岡崎さん2021年9月

2021/09/01 | リレーコラム

「Aチーム、Bチーム」 岡﨑翼   高校生のとき、クラス対抗の球技大会が定期的に開かれていた。3年間同じメンバーだった私のクラスには男子が多く、同じ競技に2チームがエントリーすることが多かった。運動の苦手な私は […]

続きを見る

リレーコラム46|田口明子2021年8月

2021/08/01 | リレーコラム

「わたしとグループのあれこれ その2」 田口明子  ちょうど一年たって、またリレーコラムが巡ってきた。リレーといえば運動会。特別走るのが早くもない私に二巡目が回ってくることは滅多になかったので、突然のことに最初は驚き、様 […]

続きを見る

リレーコラム45|片岡圭美 2021年7月

2021/07/01 | リレーコラム

「刺し子」     片岡 圭美  封筒を開けると手紙とともに、刺し子が施された布巾が2枚入っていた。手紙には母から認知症の祖母が作業療法の時間に刺したものだという内容が書かれていた。その布巾を手に取ると認知症の祖母がここ […]

続きを見る

リレーコラム44 高谷賢司 2021年6月

2021/06/01 | リレーコラム

職場の日常と体験グループ 高谷賢司 私の職場はこの4月に組織再編があった。チーム構成されていて、3グループからなる。今回、所属長が替わり、メンバーも一人増員された。私的な感覚だと、コンダクターが変わり、メンバーも一人増え […]

続きを見る

リレーコラム43 荒木章太郎 2021年5月

2021/05/01 | リレーコラム

サイエンスフィクション(SF)とグループと 心の風クリニック 荒木章太郎  「インターステラー」というSF映画をご存知だろうか。いや、「2001年宇宙の旅」でも構わない。あるいは、ジェイムズ・P・ホーガンの「星を継ぐもの […]

続きを見る

リレーコラム42 高橋美紀 2021年4月

2021/04/01 | リレーコラム

「わきまえる」こととグループと S&Cサイコドラマ・ラボ   高橋美紀 2月のはじめ、オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長はオリンピック委員会の会合で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」 […]

続きを見る

リレーコラム41 大島朗生 2021年3月

2021/03/01 | リレーコラム

「オンラインでサイコドラマを成立させるための要件」についての試案 大島朗生 はじめに  筆者は集団精神療法の1つであるサイコドラマを専門としています。(サイコドラマがどのようなものなのかについては、藤堂宗継先生がお書きに […]

続きを見る

リレーコラム40 藤巻加奈子 2021年2月

2021/02/01 | リレーコラム

〜グループセラピストのHere&Now〜 藤巻加奈子 【注】 私〔主役〕と、私´〔ダブル:もう一人の自分〕のやりとりとしてお読みくださいm(_ _)m   私:なんかね、このコラム、ずっと書かなくちゃと […]

続きを見る

リレーコラム39 牧裕夫 2021年1月

2021/01/01 | リレーコラム

栃木県の山里で平和を求める神々によるグループ・セッション     -第26回日本心理劇学会栃木大会を終えて「共通点を求める」- 作新学院大学 牧 裕夫 令和2年10月24・25日、第26回日本心理劇学会栃木大会が行われた […]

続きを見る

リレーコラム38 宮崎良洋 2020年12月

2020/12/01 | リレーコラム

雑 感 -コロナ禍に思うこと- 宮崎良洋 藤堂さんからリレーコラムの依頼があり「次につながらなかったらどうしよう」などといろいろ迷いましたがお引き受けすることにしました。テーマを何にしようか思いつかないのでこのコロナ禍に […]

続きを見る