日本集団精神療法学会 第36回大会

日本集団精神療法学会 第36回大会

大会長を務めることになりました西村馨です。

集団精神療法を中心とした各種グループワークでは、人々のつながりが治療や成長のための重要な基盤となります。「私たち」の感覚を持てること、それ自体が大きな力になるわけです。しかし、「私たち」を強要されたり、「私たち」から排除される危険もあります。「私」がそのまま受け入れられる「私たち」とはどういうことか? そんな疑問からこのテーマを掲げました。いろんな実践から学び、またグループを体験しながら、ともに感じ、考え、心を交わしあえる2日間になることを願っています。
グループでの関わりに関心(批判も含めて!)をお持ちの方であれば、領域を問いません。ぜひ一度グループサイコセラピーの世界を体験しに来てみてください。
東京三鷹の地でお会いできますことを心よりお待ちしております。


日本集団精神療法学会 第36回大会 大会概要

テーマ
「私たち」のグループを求めて
会 期
2019年3月9日(土)、10日(日)
プレコングレス
3月8日(金)
会 場
国際基督教大学(東京都三鷹市大沢3-10-2)
大会長
西村 馨(国際基督教大学)
事務局長
荻本 快(相模女子大学)

プログラム

特別講演

Children of the Camps: Uncovering Buried Trauma through Group Process
(日系人収容所の子どもたち:グループ体験による隠されたトラウマの発見)
【講演者】 サツキ・イナ
(サイコセラピスト、カリフォルニア州立大学サクラメント校名誉教授、映画製作者、著述家)
  • 【シンポジウム】 「私たち」のグループを求めて~「心理学的になる」ことの意味
  • 大会企画ワークショップ
  • 市民公開プログラム
  • テーマセッション(一般演題)、ポスター発表、ワークショップ、事例検討、基礎講座、体験グループ、CGSミーティング

(プレコングレス:本大会の前日3月8日(金)に国際基督教大学にて、教育研修委員会主催のプレコングレスが学会員を対象として開催されます。内容は教育研修委員会から別途ご案内いたします。ホームページの「会員ページ」でも準備ができしだいご案内いたします。) 


託児室


今後の予定


お問い合わせ先

発表申し込み等について

日本集団精神療法学会第36回大会事務局
〒181-8585 東京都三鷹市大沢3-10-2 国際基督教大学 心理学研究室内
e-mail: 36tokyo@jagp1983.com(すべてのご連絡はe-mailにてお願いします)

学会入会について

日本集団精神療法学会事務局
〒160-0011 東京都新宿区若葉2-5-16向井ビル3階 ㈱ヒューマン・リサーチ内
e-mail:jimukyoku@jagp1983.com
Tel:03-3358-4001 Fax:03-3358-4002

プレコングレスについて

日本集団精神療法学会教育研修委員会事務局
〒160-0011 東京都新宿区若葉2-5-16向井ビル3階 ㈱ヒューマン・リサーチ内
e-mail:kkik@jagp1983.com
Tel:03-3358-4001 Fax:03-3358-4002