一般社団法人 日本集団精神療法学会 第39 回学術大会のご案内 39th Annual Meeting of the Japanese Association for Group Psychotherapy

-第1報 開催案内と研究発表等の募集-

「Online 湘南大会 未来へ継承したい集団精神療法のエッセンス」

大会長 梶本 浩史(東京都公立学校スクールカウンセラー)
事務局長 大橋 良枝(聖学院大学)
<会 期> 2022年 3月19日(土)・20日(日):オンライン開催
3月21日(祝):各地での対面開催(+オンライン開催)

ごあいさつ

大会長 梶本浩史

長引くコロナ禍の折から、さわやかな夏空の待ち遠しい日々が続いております。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?大会テーマは「未来へ継承したい集団精神療法のエッセンス」としました。

日本集団精神療法学会(JAGP)の歴史を振り返ると、設立に向けたキックオフともいうべきワークショップが1978年に開催されています。

40年以上前に、数人の方々が集まって話し合われたワークショップから、何が消えて、何が継がれ、何が育まれているのだろうか。自分自身は何を大切にし、何を継承していきたいのか。

「グループ」では浮かんできたことを話すところから始めているのだから、大会長講演で僕が考える「未来へ継承したい集団精神療法のエッセンス」を話してみようと思いつきました。大会テーマは、自分自身への問いであると同時に、JAGP39 に参加される皆さんへの問いかけでもあります。

これまでに学んできた経験を思い返すと、馴染みの仲間とそれぞれの体験をシェアし、支え合う関係には大変助けられてきたけれど、一方で、新しい交流のなかで自分(たち)の大切にしていることを理解するヒントやキッカケの生じることが多かったです。そのため、「未来へ継承したい集団精神療法のエッセンス」をはじめ、参加者それぞれが関心をもっていることについて、お互いに新たな交流から学び合えるような工夫を考えています。

大会企画ワークショップでは、その新たな交流のひとつとして非会員や学生とも学び合えるようなプログラムを中心に編成していきます。

シンポジウムでは、集団精神療法の熟練者から話を聴いて学ぶだけでなく、さまざまな立場の参加者とともに「未来へ継承したい集団精神療法のエッセンス」を学び合えるように企画を練っています。

また、二日間のオンライン開催に加え、三日目には対面でグループに身を置きながら学び合える機会を各地で(11 ヶ所程度)開催する計画を立てています。

皆さまとお会いできる日を心待ちにしております。では、Online 湘南大会で!


プログラム

大会長講演、特別講演、シンポジウム、大会企画ワークショップ、自主ワークショップ、一般演題、体験グループ(オンライン・対面)、基礎講座、CGS ミーティング、総会など
*プログラムは変更する場合があります。詳細は大会ホームページにて随時お知らせします。

■3月21日(大会三日目)の各地での対面による体験グループ開催(+オンライン開催)

1.ねらい
JAGP39 では、各地での対面開催(3日目)を企画しました。
オンライン開催の2日間と各地での対面のグループ(3日目)をつなぐ構造を創り、大会のテーマである「未来へ継承したい集団精神療法のエッセンス」を実際にグループに身を置き、掘り下げることをねらいとしています。
状況が許し対面開催できたならば、JAGP の学術大会としての対面開催リスタートという意味もあると考えています。対面での JAGP37 を喪失した体験、対面での JAGP38 を断念した経験、これらは今も続いています。JAGP39 においても対面開催の可否をどこかの時点で判断しなくてはならないし、傷を負うかもしれません。
しかし、今から諦めてしまうのではなく、希望を胸に、JAGP39 大会企画運営委員 22 名はもとより、各地での対面開催(3日目)に協力してくださる方々をはじめ、多くの方々と力を合わせて準備していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。 (JAGP39 大会長 梶本浩史)
2.対象
「集団精神療法のエッセンス」について相互学習を希望する JAGP39 参加者
会員・非会員・学生の区分によって参加条件を制限しません(先着順)
3.方法

1) 開催地
開催地は 11 ヶ所程度を予定しています。会場は後日、大会ホームページ等でお知らせします。
※対面のグループへの参加が難しい方のために、オンラインのグループも用意します。

2) 定員:3~30 名/グループ
会場によっては、定員の上限を減らしたり、複数のグループを設定したりする場合があります。

3) タイムスケジュール
10:00 大グループ(全会場をオンラインで繋ぎます:30 分)
10:30 各地の演者による「未来へ継承したい集団精神療法のエッセンス」+質疑応答
(各地:75 分)
11:45 お昼休み
13:00 体験グループ(各地:75 分)
14:15 休憩
14:30 体験グループ(各地:75 分)
15:45 休憩
16:00 大グループ(全会場をオンラインで繋ぎます:30 分)
16:30 休憩
16:35 JAGP39 閉会式(全会場をオンラインで繋ぎます:10 分)
16:45 JAGP39 終了

4.開催可否判断
コロナの感染拡大状況に応じ、開催可否は 2022年 2月 1日には判断する予定です。

研究発表等の募集

一般演題発表募集を9月25日まで延長いたします(自主ワークショップの募集は締め切りました)。
皆様からのお申込みを、心よりお待ちしております。

以下の要領で一般演題(オンデマンド配信)・自主ワークショップ(同時双方向交流)を募集します。

「オンデマンド」と「同時双方向交流」の違いについて
「オンデマンド」と「同時双方向交流」の違いは、リアルタイム性の有無にあります。

●「オンデマンド配信」とは
発表者が事前にインターネット上に配信した動画・資料を、参加者が任意の日時に視聴・
コメントする発表形式です。
●「同時双方向交流」とは
発表者と参加者がインターネット上で互いに接続しあい、指定された時間帯に同時双方
向的に対話する発表形式です。

演題募集期間:2021年 7月 19日~2021年 8月 31日

一般演題募集期間延長 ~9月25日

一般演題(オンデマンド配信)

  • 集団精神療法及び各種集団を用いた治療的・教育的方法(実践及び理論)を素材とした発表で、学問的もしくは臨床的な主張のあるもの。
  • 発表内容に該当すると思われるカテゴリーを、大会 HP の「カテゴリー一覧」より 2 つお選びください。ただし、発表いただくカテゴリーは、最終的に大会企画運営委員会で判断します。ご了承ください。
  • 音声付き PowerPoint 等によるオンデマンド動画配信です。
  • 参加者が大会会期中を含め随時視聴できる期間を設けます。
  • 配信動画は 1 題 15 分です。
  • 質疑応答は掲示板機能を用いて行います。発表者は配信期間中に掲示板をチェックして、応答を書き込んでください。(質疑応答の期間については一定の制限を設ける予定です。)
  •  今後、音声付き PowerPoint の作成方法等について、随時大会 HP にアップする予定です。

自主ワークショップ(映像と音声による同時双方向交流)

  • 集団精神療法及び各種集団を用いた治療的・教育的方法(理論及び実践)を素材として、参加者が体験的に学ぶ機会を提供するもの。
  • Zoom を用いたオンラインミーティングです。
  • 時間枠は大会 1日目・2日目とも、発表・討論を合わせて 90 分または 180 分です。
    希望する時間枠を選択してお申し込みください。
  • ミーティング参加者数に上限を設定することも可能です。
★利益相反(COI)の申告義務
すべての発表において、発表者(共同発表者を含む)の利益相反(COI)の申告が義務となります。発表申し込み日より過去 1年以内の発表内容に関係する企業・組織・団体との COI 状態を申告してください。併せて、抄録原稿、発表スライドに COI 状態を明記してください。記載方法については『集団精神療法』の投稿規定を参考にしてください。
★セキュリティに関する留意事項
配信期間中、アップロードされた発表データはダウンロードできないよう設定し、参加者による録音・録画はご遠慮いただくようアナウンスします。ただし、参加者が個人的に外部機器等を用いて録音・録画を行う行為を完全に防ぐことはできませんので、この点をご留意のうえ、発表資料をご準備ください。 配信期間終了後、大会事務局に送っていただいた発表データは消去いたします。

研究倫理ガイドラインの運用

今大会より「研究倫理ガイドライン」及び「研究倫理に関する Q&A」が適用されることになります。抄録や発表内容は、「研究倫理ガイドライン」及び「研究倫理に関する Q&A」に則ってご準備ください。その上で、大会企画運営委員会にて審査を行います。「研究倫理ガイドライン」及び「研究倫理に関する Q&A」は、学会 HP(https://jagp1983.com/?page_id=6#plan)に掲載しています。お問い合わせは、大会事務局へお願い致します。

「研究倫理ガイドライン」及び「研究倫理に関する Q&A」は、会員の皆様からの疑問や問題点を参考に、今後倫理委員会にて更なる検討を重ねてバージョンアップされる予定です。

 


発表申し込み手続き

第 39 回学術大会では、発表の採否に関する審査を一段階で行います。発表の申し込みと同時に「抄録」を提出していただく必要がありますので、ご留意ください。

  1. 発表者および共同発表者は、発表申し込み時点において学会員であることが必要です。下記「発表者・共同発表者の条件」をご確認ください。
  2.  2021年 7月 19日以降に大会ホームページの「演題募集」から「発表申込用紙」「抄録作成要綱」「COI 自己申告書」をダウンロードしてください。
  3. 「発表申込用紙」「COI 自己申告書」に必要事項をご記入いただき、作成された「抄録」と合わせて3 つのファイルを、2021年 8月 31日(火)までに、大会事務局宛ての e-mail に添付して提出してください。詳細は大会ホームページをご確認ください。
  4. e-mail の件名は「JAGP39 発表申し込み」とお書きください。
  5. 発表の採否は、大会事務局より e-mail で連絡します(9月下旬予定)。

*発表申込み後、発表者、タイトル、サブタイトルの変更には応じることができませんので、ご留意ください。また、発表者の所属先の変更などが生じることがあると思いますが、修正には応じかねます。ご了承ください。

発表者・共同発表者の条件

発表者および共同発表者は、発表申し込み時点において学会員であることが原則です。発表を希望される方で、 まだ学会員になっておられない場合は、入会申込書を 2021年 8月 31日(火)までに「学会事務局」に郵送にて提出していただく必要があります。 下記の手順で入会手続きを完了してください。

本学会への入会手続き

  1. 学会ホームページ 「入会案内」→「入会案内・申込書」のうち「入会手続きについて(PDF ファイル)」をご確認ください。
  2. 入会申込書(Word ファイル)をダウンロードし、必要事項をご記入ください。なお、入会申込書には、会員 2 名の推薦が必要です。推薦者(会員)にお心当たりがない場合には、学会事務局へお問い合わせください。
  3. 学会事務局宛てに入会申込書を郵送してください。
  4. 理事会で承認されると、学会事務局から会費の振込用紙が送られます。
  5. 会費の振込用紙が届きましたら、9月 21日(火)までに納入してください。
■発表申込み・抄録提出締切
 2021年 8月 31日(火)
申込み・お問合わせ先
 大会事務局 e-mail: 39shonan@jagp1983.com

大会ホームページ QR コード

お問合せ等は、e-mail にてお願いします。


その他

★プレコングレス
学会員を対象とした教育研修委員会主催のプレコングレスは、2022年 4、5月頃に春の研修会として行うことになりました。詳細は教育研修委員会事務局からのご案内をお待ちください。
★CGS ミーティング:CGS ミーティングは大会会期中に行います。
★その他
  • 本学会は、日本精神神経学会精神科専門医資格認定更新・研修ポイント及び、臨床心理士資格認定更新ポイントの対象となっております。詳細につきましては、大会ホームページをご確認ください。
  • 大会参加にあたって手話通訳などの支援が必要な場合は、参加申込時に大会事務局にお知らせください。

今後の予定

プログラム集の発送:2021年 11月頃の予定(大会ホームページにも掲載予定)
事前参加受付開始:2021年 12月頃の予定(大会ホームページより)
事前参加受付締切:2022年 1月末の予定
抄録集の発送:2022年2月頃の予定
*配達物は転送されませんので、住所変更のある方は学会事務局までお早めにご連絡ください。

プレコングレスに関する問合せ
〒160-0011
東京都新宿区若葉 2-5-16 向井ビル 3 階
㈱ヒューマン・リサーチ内
日本集団精神療法学会 教育研修委員会事務局
Tel: 03-3358-4001/Fax: 03-3358-4002
e-mail: kkik@jagp1983.com
学会入会に関する問合せ
〒160-0011
東京都新宿区若葉 2-5-16 向井ビル 3階
㈱ヒューマン・リサーチ内
日本集団精神療法学会 事務局
Tel: 03-3358-4001/Fax: 03-3358-4002
e-mail: jimukyoku@jagp1983.com
学会ホームページ: https://jagp1983.com/

第 39 回学術大会に関する問合せ

facebook QR コード

日本集団精神療法学会 第 39 回学術大会 大会事務局 大会
〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎 1-1 聖学院大学内 大橋良枝研究室
e-mail: 39shonan@jagp1983.com
大会ホームページ: https://jagp1983.com/?page_id=4918
大会 Facebook ページ:
https://www.facebook.com/日本集団精神療法学会-第 39 回学術大会-102981475366748