治療共同体について考える会

更新日:

1.名称:治療共同体について考える会 ワークショップご案内は末尾をご覧ください!

2.連絡先:reflective.tc@gmail.com

 * メーリングリストを利用して開催をお知らせします。

   MLに登録を希望される場合は、上記連絡先Emailアドレスにご連絡ください。

 * 電話、FAX、ホームページはありません。

3.世話人:古賀恵里子(学会認定スーパーヴァイザー)、川合裕子

4.概要:

 「治療共同体について考える会」は2016年1月から活動を始めました。

 生活や活動を共にする入院やデイケア、施設などが、心理的回復や成長が可能な環境となるためには、どのようなことが必要かについて「治療共同体」を軸に勉強し考える会です。

 入居や、入居に近いセッティング、つまり何らかのコミュニティ(精神科病院・デイケア・児童養護施設・情緒障害児短期入所施設・老人施設など)が形成された中での精神的ケアが、より精神療法的に行われることが可能となる環境について、諸外国の取り組みを勉強し、日本の現状を確認し、それぞれの臨床現場での体験を振り返り、私たちに何ができるのか、その可能性を探ることを目指しています。

 * 開催日時:基本的には、毎月第2土曜日 14:00〜17:00

   2016年度開催予定

    4月10日(日)・6月11日(土)・7月9日(土)・9月10日(土)・

    10月8日(土)・11月12日(土)・2017年1月 7日(土)・2月4日(土)

 * 開催場所:大阪経済大学 70周年記念館 401号室

 * 内容:今年度は、治療共同体のCore Valuesを取り上げます。自分の臨床現場の体験と繋げてリフレクトし、自由に話し合います。内容、進め方は、参加者と随時話し合いながら決定します。

 ★日本集団精神療法学会共催ワークショップ ‛LfA Japan 2017’ のご案内

 「治療共同体について考える会」「京都集団療法研究会」主催、「日本集団療法学会」共催の宿泊型ワークショップを2017年8月4日(金)~6日(日)に岡山で開催することが決まりました。詳細を記載したパンフレットは年内に作成し改めてご案内する予定です。学会員の方、及び集団精神療法や治療共同体に興味のある方は是非ご参加ください。
 
 → ワークショップのチラシはこちら(PDFファイルが開きます)
 
Pocket